ED治療薬レビトラの効果や優れた特徴をバイアグラ・シアリスと比較しながらご紹介

レビトラとは

レビトラ20mgと10mg

男性にとって決して無視できない問題。

それがED(勃起不全)です。

詳しくは後に説明しますが、簡単に言ってしまえば、性的刺激を受けてもペニスが勃起しなくなる病気です。

パートナーとの性行為が楽しめなくなるだけではなく、男性としての威厳も失ってしまうことになります。

EDを患うことによって自信を喪失してしまい、恋愛や性に対して消極的になってしまう男性が増えています。

ですが安心してください。

現在はレビトラという優秀なED治療薬があるため、悩ましいEDを改善させることができます。

ドイツの製薬会社「バイエル薬品」が開発し、現在は世界中のED患者に愛用されています。

みなさんの中にもレビトラを使用してEDを改善させたいと考えている人がいるかもしれません。

そこで、レビトラとはどのような医薬品なのか。

そしてどのように購入するのかについて紹介していきたいと思います。

ED治療薬とは何か

医者が薬を持ちながら説明する

レビトラの紹介をする前に、まずED治療薬がどういった医薬品なのかをみなさんは説明できますか?

中にはED治療薬に対して間違った認識を持ち続けている人もいます。

今回を機に、ED治療薬に対する正しい知識を身につけておきましょう。

EDは男性だからこその症状ですが、彼氏がEDになってしまったときのことを考えれば、女性も軽視できない問題です。

男性が勃起できなくなるということは、女性も満足いく性行為ができなくなることを意味します。

時には2人で解決していかなければいけないこともあるので、自分には関係のない病気だと思わないようにしましょう。

バイアグラ、シアリス、レビトラ

ED治療薬とは、その名の通りEDを治療するために開発された医薬品です。

現在日本で認可されているED治療薬は3種類あり、バイアグラ、シアリス、レビトラです。

基本的にEDは自然に治るものではなく、ほとんどの場合がこれらのED治療薬を使って治療していくことになります。

重度な症状を抱えているED患者を含めても、ED治療薬の有効率は80%以上と非常に高く、EDの治療には欠かせない存在となっているのです。

ただ勃起できるようにしてくれるだけではなく、勃起力そのものも高めてくれますので、一気に若返った気分で性行為を楽しむことができるでしょう。

ED治療薬と媚薬は異なるもの

男性にとっては強力な味方となってくれる医薬品なのですが、ED治療薬のことを媚薬の1種だと思い込んでいる人も少なくありません。

媚薬は性欲を高めるために使用したり、相手をその気にさせるために使用されるモノです。

服用するだけで性的興奮を高める作用があるのです。

しかし、ED治療薬と媚薬はまったくの別物です。

ED治療薬を服用することで、自然とペニスが勃起し、性欲が高まると思っている人もいますが、これは大きな間違いですよ。

ED治療薬のはたらきはあくまでも「ペニスを再び勃起できる状態に戻すこと」です。

ED治療薬自体に媚薬成分は一切含まれていないので、服用したとしても自然に勃起することはありません。

ED治療薬を服用しても性的刺激が必要

ED治療薬を服用したとしても、勃起するためのスイッチは外部からの性的刺激なのです。

先ほど紹介したバイアグラ、シアリス、レビトラは3大ED治療薬と呼ばれており、ED改善にかなり貢献してくれます。

EDを患ってしまった場合はこの中のどれかを使って治療を進めていくことになりますので、正しい知識を身につけておきましょう。

バイアグラの特徴

バイアグラ

バイアグラはED治療薬の中でも特に有名な医薬品です。

日本だけではなく、世界中でもその名は知れ渡っており、その効果も文句なしです。

また、日本で初めて認可されたED治療薬としても有名で、専門のクリニックから処方される機会も多いのではないでしょうか。

バイアグラは世界的にも有名な製薬会社であるファイザー社が開発しており、シルデナフィルを主成分としています。

バイアグラには25mg錠や50mg錠がありますが、これはシルデナフィルの含有量を示しています。

勃起するためには陰茎海綿体へ血液が充分に流れなければいけません。

しかし、PDE5という酵素が血流を阻害することでEDとなってしまうのです。

バイアグラにはこのPDE5を抑制する作用があるため、血行がよくなり、再び勃起できる状態に戻してくれるのです。

また、このシルデナフィルはED改善以外にも効果のある成分で、肺動脈性肺高血圧症の治療に用いられることもありますよ。

シアリスについて

シアリス

シアリスはイーライリリー社が開発したED治療薬であり、バイアグラの次に登場したED治療薬です。

主成分をタダラフィルとしています。

シアリスもバイアグラと同じように、ペニスを再び勃起できる状態に戻すはたらきを持っています。

ただし、成分が違うということは、当然バイアグラと違う特徴を持っているということです。

シアリスならではの大きな特徴は、圧倒的に長い効き目の持続時間です。

一般的にED治療薬の持続時間は5時間前後だと言われているのですが、シアリスの場合は10mg錠でも約24時間、20mg錠にもなれば約36時間も効き目を持続させることができるのです。

そのため、極端なことを言えば、前日にシアリスを服用したとしても20mg錠であれば、当日の夜にも変わらず効果を発揮してくれるのです。

性行為をする1時間前などにタイミングよく服用しなければいけなかったED治療薬ですが、シアリスを服用するのであればわざわざタイミングを細かく考える必要がありません。

みなさんのペースでED治療ができるのです。

レビトラが優れている点

レビトラ

今回紹介していくレビトラも、バイアグラやシアリスと並んで3大ED治療薬と称されています。

ED治療に役立つという点はもちろん同じなのですが、やはりこれもバイアグラやシアリスと比べると違う点があるのです。

レビトラは3大ED治療薬の中でも、圧倒的に即効性の優れたED治療薬となっています。

水に溶けやすいことから体内への吸収が早く、服用してから15~20分で効果を発揮するのです。

これがどれだけ早いのかですが、一般的にED治療薬は効き目があらわれるまでに1時間弱かかることを考えていただくと、その圧倒的な早さがわかるのではないでしょうか。

空腹時に服用することで、より早く効果が出やすくなりますよ。

また、レビトラはふだんよりも勃起時の硬度を高め、刺激に対して耐性を得ることができます。

これによって射精までの時間を延ばすことができるので、ED患者だけではなく、早漏に悩んでいる男性にも効果的だと言われています。

レビトラの用法用量について

用法用量について説明する男

バイアグラ・シアリスに比べるとレビトラの世界シェア率は劣るものの、愛用している男性の数は非常に多いです。

レビトラはED治療に効果的なため、EDを患ってしまった男性の中にはレビトラを用いて治療を進めていこうと考えている人もいると思います。

もしレビトラでED治療をおこなっていく場合、用法用量は正しく守るようにしましょう。

どんな医薬品にも用法用量は決められています。

「夕食後1日1錠」など、服用するタイミングやその量が医薬品ごとに決まっているのです。

これは、その医薬品が発揮する効果を最大限にするための服用方法ですので、厳守しましょう。

多く服用すればいいものではない

医薬品は病気・症状の治療に欠かせないモノですが、多く服用すればいいというわけでもありません。

病気・症状を治療してくれるということは、それだけ強力な効果を持った成分が含まれているということです。

規定以上の用量を服用してしまうと、逆に副作用などの悪影響が出てしまう危険もあるのです。

もちろん少なく服用してしまうと、その医薬品が持っている効果を最大限に発揮することができなくなってしまうので気をつけましょう。

レビトラにも当然用法用量が定められています。

1日に服用していい回数は1回で、24時間以上の間隔を空けて服用しなければいけません。

レビトラを服用したものの、あまり効果が実感できないという場合であっても、飲み直してはいけません。

その日は一旦諦め、再度服用する場合も24時間以上の時間を空けてから服用しましょう。

副作用に注意して利用する

副作用が出てしまった男

医薬品には特定の症状を治療するための成分が含まれています。

レビトラもバルデナフィルをはじめとして、さまざまな成分が含まれているのです。

症状を改善させるためには有効な成分であっても、強力な効果がその他の部分に悪影響を与えることもあります。

それが副作用と呼ばれているものです。

ED治療薬には血管を拡張させ、血流を良くするはたらきがあります。

そのため、ふだんよりも血流が活発になってしまいます。

ED改善に必要なことではあるのですが、その一方で顔の火照りや目の充血を引き起こしてしまう可能性があるのです。

頭痛や鼻づまりする場合も

また、レビトラの副作用として頭痛や鼻づまりも確認されています。

しかし、これらの副作用はあくまでもレビトラが効果を発揮していることに付随して起こる副作用です。

レビトラの効果が切れてしまえば、副作用としてあらわれた症状も自然に引いていくことがほとんどですので、そこまで心配する必要はないでしょう。

レビトラを正しい知識を持って服用しよう

正しい知識を持った上で服用を勧める医者

医薬品を服用することでどうしても発症してしまう副作用もあります。

レビトラの場合で言えば、顔の火照りと目の充血です。

これらの副作用はバルデナフィルの性質上、どうしても発症する可能性があります。

しかし、基本的に副作用は正しく服用することで回避することができます。

100%副作用が発症しなくなる、と断言することはできませんが、副作用が出る可能性を減らすことはできるはずです。

そのため、先ほど紹介した用法用量をきちんと把握したうえで服用するようにしましょう。

場合によっては命に関わる問題に

また、気をつけなければいけないのは、レビトラの服用を禁止されている人です、硝酸剤を現在使用している人や、低血圧・高血圧な人、抗ウイルス薬を使用している人たちです。

レビトラとこれらの医薬品は飲み合わせが悪く、併用することでさまざまな症状を発症する危険性があるのです。

場合によっては命に関わる問題にまで発展してしまうこともあります。

医薬品は病気・症状の治療に欠かせない一方で、扱いを間違えてしまうと毒に変わってしまうのです。

ED改善の効果をちゃんと発揮するためにも、正しい方法で服用していきましょう。

強い副作用が出た場合はすぐに相談

医者に相談

レビトラを服用したことによって、副作用が出てしまうこともあるでしょう。

先ほど紹介した副作用たちのように、軽度なものであれば自然と症状は治まっていきます。

しかし、みなさんの体質にレビトラが合わなかった場合や、誤った用法用量で服用してしまったことによって、副作用の症状が強く出ることもあります。

レビトラの副作用として紹介されている症状以外が発症した場合や、本来なら数日で治まるはずの症状がいつまでも続いている場合は、迷わず医師に相談しに行きましょう。

放っておくとどんどん症状が悪化していきますし、原因がわからないまま再度レビトラを服用してしまうと、また似た副作用が発症する可能性もあるのです。

医師に相談する場合は、信頼できるクリニックを探すべきです。

家族や知人から評判を聞くもよし、ネット上に流れている口コミやレビューを参考にするもよし、さまざまな情報を集めながら相談できる医師を探してみましょう。

多くなっているEDとは

スマホに夢中な男

そもそもEDという言葉についてご存知でしょうか?

EDは男性機能に障害が起こり、ペニスが勃起しにくくなったり勃起を維持できなくなったりする症状のことをいいます。

日本語では「勃起不全」や「勃起障害」というので、人によってはこちらの方が聞きなれているかもしれませんね。

EDは45歳以上の中高年の人に多くみられていた病気でしたが、最近では20代から30代くらいの若者がEDを発症するケースも増えています。

EDになってしまう原因は色々ありますが、その中でも近年になって増えているのが若者特有のバーチャルEDです。

ではバーチャルEDとはどのようなものなのでしょうか?

バーチャルEDは、バーチャルの世界の女性に興奮できても、現実の女性には興奮することができず、勃起できないというものです。

確かに、マンガやアニメなど、二次元の世界に出てくるキャラクターは男性の理想的なルックスで描かれていますよね。そんな完璧な女性ばかりを見続けたがために、現実の女性では興奮できなくなってしまうのです。

アダルトビデオの影響もある

また、これはマンガやアニメなど二次元の世界の話だけではありません。

アダルトビデオなども同じです。アダルトビデオに出演しているAV女優の方々は完璧なプロポーションの方ばかりです。そのため、自分の周りの女性とどうしても見比べてしまい、勃起できないのです。

普段アダルトビデオを見る時は勃起できるのに、実際に女性を抱こうとすると勃起できない、というだけなので、自分がEDだと気づきにくいことも特徴のひとつと言えます。

相手の女性次第で勃起できないことも

他にも、相手の女性によって勃起できないというEDのパターンもあります。

パートナーと性行為をする際には全然勃起しないのに、他の女性と性行為をするときだけ勃起してしまうというのもEDの一種だといわれています。

ただこれらのEDはあくまでも一部です。

EDには定番となるタイプが他にも複数あります。こちらは後ほど紹介しましょう。

EDの患者数はどの程度なのか

EDの患者

いろんなタイプがあり、いろんな原因で発症してしまうED。

現在EDを患ってしまっている方はどれくらいいるのでしょうか?

自分の周りからEDになってしまったという話を聞くことはそれほどないでしょうから、いざ自分がEDになってしまうとすごく不安な気持ちになりますよね。

なんと日本には1800万人以上(推定)のED患者がいると言われています。

推定ではありますが、それでもかなり多いですよね。これはおよそ4人に1人の男性がEDであるという計算になります。この数字を見ると日本はED大国だと言っても過言ではありません。

ただし、これだけたくさんの人がEDであると言われていますが、自分がEDだと気づいていない人も多いです。

EDにはいろんなタイプがあるので、上で書いたようなバーチャルEDのように「状況によっては勃起する」というタイプであれば気付きにくいのも頷けます。

もしかすると、実際は1800万人よりもさらに多いかもしれません。

おなじEDでも違う

指示棒を持って説明する医師

EDには複数のタイプが存在します。

そのため、自分がどのタイプに当てはまるのかわからないという人も多いです。もしかしたら自分はEDかもしれないと思ったら必ず病院で診てもらうようにしましょう。

代表的なEDのタイプについて紹介していきたいと思います。

まず一つ目が「心因性勃起不全」です。

これは文字の通り心理的なことが原因のEDです。

精神的なストレスなどが原因になっています。

そして二つ目が「器質性勃起不全」になります。

器質性というのは先ほどの心理的な要因ではなく、身体的な要因によって起こるタイプです。

体の疲れや年齢による体の衰えなどが当てはまります。

最後に三つ目は「薬剤性勃起不全」になります。

ED以外の病気を治療するために服用している医薬品が原因のEDです。

その医薬品による副作用が勃起機能に大きく影響していることがあります。

以上の3種類が主なEDのタイプになりますが、「心因性勃起不全」と「器質性勃起不全」が合わさった「混合性勃起不全」というものもあります。

EDの原因の違い

先ほど紹介した「心因性勃起不全」「器質性勃起不全」「薬剤性勃起不全」そして「混合性勃起不全」に関して詳しく見ていきましょう。

心因性勃起不全

まず「心因性勃起不全」ですが、何らかの心理的な影響から勃起不全が起こってしまうことを指します。

たとえば悩み事が多い人だったり、毎日強いストレスを感じているような人は非常に起こりやすいです。

厳しい現代社会を生きている人は何かとストレスを感じることが多いと思いますので、若い人から年配の人まであらゆる人がもっともなりやすいEDのタイプだといえるでしょう。

また、心因性勃起不全は過去のトラウマから引き起こされるパターンもあります。

小さい頃に性的虐待を受けたことがあったり、性行為が下手でパートナーからダメだしをされた経験があるような人も、このタイプのEDになってしまう可能性があります。

心因性勃起不全はその名の通りメンタルが大きな原因となっているので、何かと精神面で辛さを感じている人は注意しておくべきでしょう。

器質性勃起不全

次に「器質性勃起不全」についてですが、これはいわゆる身体機能において異常が発生してしまうことで起こるEDになります。

器質性といっても細かく言えば「神経性」「陰茎性」「中枢神経」「末梢神経」「血管性」など、色々な種類に分けることができます。

実際に器質性勃起不全が起こる原因は人によってまったく違いますが、たとえば手術をしたり外傷によって神経が傷ついてしまう場合や、別の病気によって血流に障害がおきて勃起不全になる場合があります。

もっというと、頭部や骨盤といった場所の手術によって神経機能が低下してしまった際に器質性勃起不全が起こります。

薬剤性勃起不全

そして「薬剤性勃起不全」については、他の病気を治療するために使っている薬が原因になり発生してしまいます。

勃起というのは分泌されるホルモンや神経と血管がその機能を支えていて、病気を治すための治療薬がそこに対しマイナスとなる効果を促す可能性があるのです。

ただ薬剤性勃起不全は日本人にあまり多くはなく、成人男性全体でわずか6%くらいになっています。

ちなみに一番多いのがアメリカで、全体の25%の人が薬剤性勃起不全となっている様子です。

薬剤性勃起不全の原因となる薬剤とは

ではここで具体的に薬剤性勃起不全の原因となる薬剤について紹介しておきたいと思います。

ひとつは「中枢神経系薬剤

市販されている風邪薬なども中枢神経に関わりますので、かなり身近な存在だといえます。

ふたつめは「末梢神経系薬剤

末梢神経は中枢神経系と他の器官をつなぐもので、主に興奮要素や刺激要素を伝える部分に関わる薬剤です。

3つめは「循環器系薬剤

循環器というのはリンパ液などの体液を体中に運び、循環させる働きをもっています。

つまり血液やリンパ液を正常にするための薬剤です。

最後は「消化器系薬剤

消化器は消化しきれなかったものを排泄したり、栄養を吸収する部分になります。

消化器の疾患によく使われるのがこの薬剤です。

そして「混合性勃起不全」の紹介もしておきましょう。

混合性勃起不全

混合性勃起不全は「心因性勃起不全」と「器質性勃起不全」が合わさったもので、特に高齢者になればなるほど患ってしまう可能性が高くなります。

また複数の原因が複雑に絡み合って生じてしまう勃起不全なので、具体的な原因を追究することは非常に困難です。

EDのセルフチェックしてみよう

セルフチェックを考える男

実はEDになっているかどうかは自分で調べることができたりします。

もし自分がEDかもしれない……と思ったら、EDのセルフチェックをしてみてください。

いきなり病院へ行って医師に相談するのはちょっと…という人にはとてもおすすめです。

ではどのようにしてセルフチェックをしていくのでしょうか?

セルフチェックの方法は大きく分けると2つあります。

IIEF

ひとつは「IIEF」という方法です。

IIEFは病院での問診でもよく用いられている診断テストで、現段階から半年前までの間にどのような症状があったかをチェックしていき、そこからEDかどうかを判別していきます。

診断テストは「IIEF5」と「SHIM」という2つがあり、これらの違いは主に回答していく項目の数になります。

ちなみにIIEFで用意されている質問は、「勃起してから維持する自信があったかどうか」、

「性的刺激で勃起した際に、どのタイミングで挿入ができる硬さになったのか」といった内容になっています。

両者ともに質問の項目はほとんど同じですが、SHIMの方には性行為を試してみたかどうかという項目が追加されています。

もし1回以上の性行為に挑戦した場合は「IIEF5」、性行為をする機会がなかったような人は「SHIM」を選ぶといいでしょう。

IIEFの診断テストはネットで探せばすぐに出てくるので、ぜひ一度試してみてください。

EHS

そして、もうひとつの診断テストは「EHS」というものになります。

これは勃起時にどれくらいの大きさになっているのかなどを測っていく診断テストで、物に例えながら5段階評価に分けられます。

実際の硬さによってあなたがどれくらい重度なEDなのか調べることができます。

この診断テストをしておけば、後々医師に相談する際にスムーズに回答できるため、受けておいて損はありません。

パートナーとの相談が必要な時がある

パートナーに打ち明ける男

自分がEDであることは、もちろん人に知られたくないことだと思います。

そしてパートナーがいる人だったら、EDになったことを黙ってしまうという人も多いはず……。

しかし、それは決して自分のためにはなりませんし、パートナーのためにもなりません。

EDという症状はあなただけの問題ではなく、パートナーにとっても大きな問題です。

パートナーがいる以上は何らかのタイミングでいずれ性行為をするようなことがあると思いますので、そのときにEDだとバレたらお互いが困ることになってしまいます。

とりあえず言い訳を色々して、性行為をせずその場をしのぐことばかりしていれば、パートナーに余計に不安な気持ちを与えてしまいます。最悪の場合は、それが原因で愛情を感じられなくなり、別れ話にまでもつれこんでしまうという可能性も十分にあるでしょう。

それに、自分がEDであることを隠して性行為に及んだとしても、ペニスが勃起しない状態をみれば、パートナーは「自分には女としての魅力がないのかな…」と思ってしまいかねません。

真実を打ち明ける勇気を持とう

だからEDであることをごまかし続けても、決していいことはないと言えるのです。

EDのことは男として一番話しづらいことだと思います。

しかしながら、やはりパートナーに言わないことで上述のような結末を迎える可能性もあります。信頼しているパートナーだからこそ、自分を一番に分かってくれる理解者だからこそ打ち明けることが大切なのです。

以上のことをふまえて、自分がEDになったことがわかったら、パートナーに真実を打ち明ける勇気をもつようにしましょう。

EDは絶対に克服できないような症状ではありません。まずはパートナーと向き合い、ED治療薬を飲んで改善していきましょう。

EDを予防するためには

EDを予防できない生活

まだ自分はEDではない!というのであれば、今からでもしっかりEDの予防を始めておきましょう。ここまで読んでくださった方なら分かると思いますが、EDはやはりかなりつらいものです。男としての自信を失ってしまう原因になりかねないほど重大な問題です。そのため、ここで予防法を覚えて実践しておくことをオススメします。

予防法はEDになってしまう原因から考えることができます。

以下にまとめているのでぜひ目を通してください。

まず大きく分けるとEDの予防方法は4つあります。

食事

その一つが「食事」になります。

食生活の乱れは体の健康状態を狂わせ、最終的にはさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

これはEDでも同じで、食生活の乱れはEDにもつながるのです。

特に気をつけなければならないのが「肥満」です。

肥満体の方は高血圧になりやすく、血液の循環が悪くなってしまいがちです。

勃起は血液が流れ込むことで引き起こされるものなので、血管に何らかの障害があれば勃起しにくくなるのは当然のことです。

肥満は体質の問題もあります。太りやすい・太りにくいという体質の違いもあるので、仕方ないことではあります。しかし、自分の体質を理解した上で、食べ過ぎないように、太らないように心がけることが最も大事だと言えます。

お酒とたばこ

そして二つ目が「お酒とたばこ」です。

アルコールはほどほどの量ならそこまで大きくEDに関わってくることはありませんが、たばこは非常にEDを起こしやすい原因になります。

たばこにはニコチンが含まれており、血管を縮小させてしまいます。

つまり、やめられるならやめた方がいいわけですが、喫煙者にとっていきなりたばこを完全にやめてしまうのはなかなかつらいと思います。

それによって過剰にストレスを感じてしまい、心因的な要素を引き起こす可能性もあるので、徐々に本数を減らしていったりしていく方がいいでしょう。

運動

三つ目に「運動」で予防する方法があります。

当たり前のことではありますが、運動は健康を維持する上ではとてもいい方法だといえます。

体を適度に動かすようにすれば、血液の循環がよくなりますし、肥満を予防することもできます。病気のリスクをも軽減することにもなるでしょう。

外を散歩してみるとか、軽めのジョギングなどでもいいので、時間があるときには積極的に運動してみてはいかがでしょうか。

ストレス

そして最後に「ストレス」を溜めないようにすること。

現代の社会はストレス社会と言い換えられることもしばしば……。

それほどに現代社会はストレスが溜まりやすいのですが、やはりどこかで息抜きをすることが大切です。

ストレスの溜めすぎは心因性の勃起不全を引き起こす可能性を高めてしまうので、できるかぎり自分にあった解消方法をみつけていくことが重要です。

当たり前といえば当たり前のことばかりですが、こういったことがEDの予防につながります。

EDはすぐ病院での診察を

診察してもらう

悩んでいても仕方がないので、EDになってしまったらすぐに病院へ行き診察を受けてください。

診察の細かいことについてはあとから詳しく説明していきますが、面倒なことなどほとんどありません。

病院へ行くのに抵抗があってつい敬遠してしまうという人もいますが、実際に行ってみるとあっという間に解決するでしょう。

もっと早く行っておけばよかったとなる前に、EDかもしれないと思ったら病院や専門のクリニックで診察してもらいましょう。

おすすめの記事

レビトラ

レビトラの口コミ

レビトラの口コミ・レビュー・体験談をご紹介

医者の処方箋

病院で購入する

レビトラを病院などの医療機関で処方してう際の費用について解説

スマホで注文する中年

通販サイトで購入

レビトラを海外医薬品の個人輸入で通販する際の購入方法や利用方法ご紹介

バリフ

ジェネリック医薬品

レビトラはジェネリック医薬品を通販購入するのが価格も安くお得