抗真菌薬のクロトリマゾール

膣カンジダ症とは女性の腟の中にもともと存在する常在菌であるカンジダ菌が、あるキッカケが原因で増殖することによって発症します。
そのため他の感染症とは異なり、他人との接触などから菌が感染するものではありません。
カンジダ菌は健康な女性にもあり、膣のほか口腔内や消化器官、皮膚などに常在してます。
この菌がどのようにして増殖し、膣カンジダ症を発症するかといえば、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れが大きく影響します。
風邪や疲労、無理なダイエットによる体力の低下やストレスによって免疫力が低下したり、生理前や妊娠によるホルモンバランスの変化から引き起こされることもあります。
こうした原因がなければ、発症することはなく、菌が棲みついてから発症までに何年もかかることも少なくありません。
また、カンジダ菌は気温が温かく湿気が多いと増殖しやすくなります。
そのため、通気性の悪いキツい下着を装着したり、入浴後などにデリケートゾーンをよく乾かさずに下着や衣類を身に付けることでも増殖する虞があります。
また、生理ナプキンやオリモノシートなども、湿気がこもり衛生状態も悪くなるので、こまめに交換しなければなりません。
腸などの消化管にカンジダ菌が存在している場合、排尿時や排便時に後ろから前にふき取ってしまうと菌が増殖するリスクが高まります。
膣カンジダが発症すると、外陰部が赤く腫れて、膣やその周辺がかゆくなります。
また、白くて粘度の高い酒粕のようなカッテージチーズ状のオリモノが多くなります。
腟がひりひりして、排尿時や性交渉時に痛みを感じることもあります。

カンジダ菌などの抗真菌薬にはクロトリマゾールを利用すれば完治します。

カテゴリー