EDを改善するメカニズム

勃起不全の治療をしようと思った時、パッと思いつくのは精力剤やレビトラなどのED治療薬でしょう。
どちらも勃起を助けてくれる薬というイメージですが、二つの違いを具体的に挙げようとすると分からないという方も多いのではないでしょうか。
よく勘違いされている方がいるようですが、ED治療薬は飲むと途端に勃起して、効果が続く間はずっと勃起し続けるというものではありません。
ED治療薬はあくまで勃起を補助するものであり、性的刺激が加わらなければ勃起しないのです。
レビトラの勃起不全を改善するメカニズムは、主成分の塩酸バルデナフィル水和物が勃起を阻害する酵素の働きを抑え、陰茎への血液の流入が正常に行われるようにするというものです。
ですから、薬が効いている間は勃起不全の改善が見られますが、勃起不全そのものを治すというものではありません。
続けることによって自信が付いたり血流が改善されていき、勃起不全の克服に繋がる場合もありますが、あくまで即効性のある治療薬として開発されたものです。
一方、精力剤の中には媚薬のような性欲を増強する効果を持つものもありますから、性欲自体の衰えを感じる方はこのタイプの精力剤を利用するといいでしょう。
他にも、精力剤には滋養強壮や疲労回復などの効果があり、これを飲む事で、体中の血行の改善や、男性ホルモンや性欲、精子の増加、全体的な体調を整えるなどで精力の増進を図るという効果があります。
つまり、即効性よりも勃起不全をじっくり根本から治療していくためのものなのです。
精力剤もレビトラもED治療には有効ですから、自分がどちらの効果を求めているのか判断した上で選ぶと良いでしょう。

カテゴリー