TOP > 病院で購入する

レビトラを病院などの医療機関で処方してう際の費用について解説

クリニックで手に入れる

医者の処方箋

ED治療薬は現在「クリニックで処方してもらう」か「個人輸入で購入する」という2つの方法で手に入れることができます。

まずは、クリニックでED治療薬を処方してもらう方法について紹介していきましょう。

クリニックに行ってED治療薬を手に入れるためには診察を受けることになります。

診察といってもそのほとんどは問診です。

その問診も簡単な質問に答えるだけで、時間もあまりかかりません。

処方までの流れ

ED治療の問診の内容は2つの項目に分かれています。

ひとつは身体症状を把握するための質問で、もうひとつがEDの程度を調べる質問になります。

身体の状態を把握するために身長や体重、そして今までに喫煙をしてきたかどうか、現在病気を患っているか、また服用している薬があるかどうかなどを聞かれます。

この中でも、現在患っている病気や服用している薬に関しては、きちんと答えましょう。

病気の種類によって、あるいは服用している薬の種類によって、利用しても大丈夫なED治療薬が異なるからです。

ちなみに精神的な悩みだったりうつ病などの心因的な要因である場合は、医師によるカウンセリングを受けることもあります。

IIEF5(国際勃起機能スコア)

次にEDの程度を調べる質問では、勃起状態や性行為の満足度などに答えることになります。

その度合を測るためにIIEF5(国際勃起機能スコア)と呼ばれる診断テストが利用されています。

またどうしても問診だけで判断ができないときは、臨床検査に移ることがあります。

EDに関する臨床検査は主に血液検査と心電図検査の2つがあり、血液検査では血液やホルモンなどを、心電図検査では心臓や血管、循環器などを検査します。

夜間勃起現象を検証するテスト

さらに、場合によっては特殊な検査を受けてEDの状態を診断するということもあります。

たとえば夜間勃起現象を検証するテストです。

男性は通常、睡眠時に何度か勃起をします。その体のメカニズムを利用して診察するのです。

もし勃起が確認できなかった場合は「器質性勃起不全」である可能性があります。

反対に、睡眠時に勃起ができていれば「心因性勃起不全」の可能性があります。

検査の方法はペニスに細めのベルトを巻き付けられ、ベルトによってペニスの硬度や周径を測ります。

万が一ベルトに変化がなければ勃起していないということになるわけです。

処方してもらうまで30分~1時間

これ以外にもテストや検査はありますが、必ず受けなければならないわけではありません。場合によっては受けなければならないというだけで、ほとんどの方が問診を受けるだけで終了し、薬を処方してもらいます。

待ち時間などによって変わりますが、基本的には診察してから処方してもらうまで30分~1時間程度です。

ED治療薬の料金について

実際にクリニックで検査してもらう際に、一体いくらくらいの料金が必要になるのか気になりますよね。

初診料や検査の費用というのはあなたが選ぶクリニックによって大きく変わります。

自分の住んでいる地域にあるクリニックをいくつか調べて、安い料金で診察してくれるところを見つけましょう。クリニックによっては初診料を無料にしてくれているところもあるので、しっかり調べることをオススメします。

次にED治療薬の処方にかかる料金についてです。ED治療薬は基本的には健康保険が適用されないので、全額自己負担だと思っておきましょう。

生命維持に関わる病気やケガの治療や薬の処方は保険診療になるので、健康保険が適用されます。しかしながら、勃起不全や美容整形など、日常生活の質を向上させるための治療に関しては保険が適用されません。そのため自由診療になります。

ただ、EDも立派な病気だ!という声も少なくなく、もしかすると将来的には保険が適用されるかもしれません。

ED治療薬の値段は?

ではED治療薬自体の値段はどれくらいかかるのでしょうか?

薬の価格はクリニックによって異なりますし、もちろんED治療薬の種類によっても異なります。おおよその平均的な相場価格ですが、たとえば、レビトラであれば1錠あたり1500円~2000円程度です。

少々高いと感じると思いますが、医師の判断によって処方される薬なので安心して飲むことができますよね。

クリニックに通うのは、移動などの手間があったりしてすごくめんどくさいと思いますが、安全にED治療薬を手に入れられる方法とも言えます。

医師は男性が多い

クリニックに行くとなると、どうしても恥ずかしいと感じてしまう人もいるでしょう。女性の看護師さんや、受付の方が女性を前に「EDです」と言うのはなかなか恥ずかしいものだと思います。

しかし、安心してください。そんな男性のためにきちんと対策を講じているクリニックもあります。

たとえば、スタッフ全員が男性というクリニックです。まさに、男性による男性のためのクリニックだと言えますよね。女性の看護師と立ち会うようなことがないので、気軽にクリニックへ行くことができると思います。

またプライバシーに配慮した、完全予約制のクリニックもあります。

クリニックでの診察までの待ち時間に、他の患者に会いたくないという方もいるでしょう。もしかしたら知り合いに見られるかもしれない......。完全予約制のクリニックであれば、その可能性はほぼありません。患者同士がすれ違わないような工夫をしているので、問題なく利用できると思います。