TOP > ジェネリック医薬品

レビトラはジェネリック医薬品を通販購入するのが価格も安くお得

ジェネリックの登場

バリフ

三大ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスにも今はジェネリック医薬品が存在します。

そもそも、ジェネリック医薬品というものをご存知ですか?

ジェネリック医薬品というのは言い換えれば後発医薬品のことで、先発医薬品の特許権が切れた後に別の製薬会社がその薬の特徴をそのまま利用し、新たに販売する医薬品のことです。

そのため、先発医薬品であるED治療薬の効果はそっくりそのまま受け継いでいるのです。

また、ジェネリック医薬品はあらゆる製薬会社が製造しているので、ひとつの先発医薬品からいろんな種類のジェネリックが誕生しています。

ではジェネリック医薬品をあえて買うメリットは一体なんなのでしょうか?

先発医薬品であるバイアグラやレビトラ、そしてシアリスの方が知名度も高いので、あえて後発のジェネリック医薬品を選ぼうとは思わないかもしれません。

ジェネリックのメリットは安いこと

しかしジェネリック医薬品には大きなメリットがひとつあります。

それはずばり「安い」ということです。

先発医薬品とは違ってジェネリック医薬品は開発から製造まで短期間で済み、さらにかかるコストも全然違うので、その分安く提供できるようになっています。

有名だからという理由で先発医薬品をそのまま買い続けると、経済的に厳しくなってくるはず……。そこで、ジェネリック医薬品が役に立ちます。先発医薬品と同様の効果をもつジェネリック医薬品なら財布にも優しいので助かるでしょう。

ちなみにジェネリック医薬品は単純に先発医薬品と同じ成分で作っているだけではなく、先発医薬品がもつ欠点を補って再開発されていたりもするので、ものによっては先発医薬品よりも使いやすいことがあります。

たとえば、錠剤の形や大きさです。先発医薬品の錠剤が大きすぎて飲みづらいという欠点を改善して、小さめの錠剤にして販売するといったケースもあります。

レビトラもジェネリックがある

ED治療薬としてもっとも即効性のあるレビトラにも当然ジェネリックが存在します。

今回はそんなレビトラのジェネリックにどんな種類があるのかを紹介していきましょう。

バリフ

色々あるレビトラのジェネリックのなかでも、特に人気が高いのは「バリフ」というものになります。

バリフはアジャンタファーマ社という製薬会社が開発しており、もちろんレビトラと同様にバルデナフィルを主成分としています。

ちなみに、バリフはレビトラと違って20㎎しか製造されていないので、ピルカッターを使って半分に割ってから服用するのがおすすめです。

そしてバリフにはなんとゼリータイプのものまで存在します。

錠剤がどうしても苦手だという人は世の中にたくさんいると思いますが、これだったら気軽に服用することができるでしょう。

ゼリー状のバリフならお水がなくてもスッと飲めるので、手元に飲み物がないという場合でもすぐに服用できます。

ちなみにゼリー状のバリフは錠剤よりも少し高いので、コスト面を考える人は錠剤タイプを選び、飲みやすさ重視で考える人はゼリータイプを選ぶというのもいいかもしれません。

ジェビトラ

そしてもうひとつ「ジェビトラ」というジェネリック医薬品があります。

ジェビトラはサンライズレメディ社という製薬会社が開発を手掛けています。

レビトラと違って20㎎、40㎎、60㎎の3種類が現在出回っているので、たとえば20㎎ではあまり効果が出なかった場合に最適なジェネリックだといえるでしょう。

さらにジェビトラもバリフと同様にゼリータイプのものが存在します。

ジェビトラのゼリータイプはイチゴ味しかありませんが、バリフ同様に飲みやすいのでおすすめです。

ちなみにサンライズレメディ社は普通のジェビトラだけではなく、スーパージェビトラというジェネリックも開発しています。

スーパージェビトラはレビトラのもつ効果はもちろんのこと、なんと早漏防止に役に立つ成分を配合しています。

そのためEDの治療だけではなく早漏まで改善できるので、性行為の際には優秀な効果を発揮してくれるでしょう。

日本ではまだ手に入らない

レビトラ自体はクリニックでも手に入れることができますが、やっぱりコスト的なことを考えると、なんとかジェネリック医薬品で済ませたいという人も多いと思います。

しかし残念ながらレビトラのジェネリックについては日本では認可されていないので、クリニックで処方してもらうことはできません。

個人輸入代行なら

現在、日本では認可されていないようなジェネリック医薬品であっても、海外では認可されているようなケースは珍しくありません。

そのため、日本では処方してもらうことができないけど、認可されている海外の国から個人的に輸入することで購入できるわけです。

ですから、その輸入を代行してくれる個人輸入代行サービスを利用することによって、簡単に日本では認可されていないようなジェネリック医薬品をいともたやすく手に入れることができるようになっています。

日本でまだ認可されていない場合でも、こうした方法で手に入れることができるわけです